マイターン攻略中!

アプリ:マイターンの攻略情報を発信しています

ページリンク

〇ブログ記事

サービス開始前ブログ⑨今と昔のカードゲーム - マイターン攻略中!

サービス開始前ブログ⑧ここに注目!EXスキル - マイターン攻略中!

サービス開始前ブログ⑦デッキは2回転するもの⁉

サービス開始前ブログ⑥”事前登録キャンペーン30万人達成!” 

サービス開始前ブログ⑤ここに期待!カードの★ポイント 

サービス開始前ブログ④このブログの方向性 

サービス開始前ブログ③トレーディングカードゲーム 

サービス開始前ブログ②キャラクターのカスタマイズの幅が広い!? 

サービス開始前ブログ①戦いの選択肢が多い!

 

〇 デッキ考察

デッキ考察 【ファイアメイジ】フェニックス軸

デッキ考察【シャーマン】セーラ軸”前列狙いデッキ” 

 

〇カード情報

(黄)タンク

(赤)アタッカー

(青)メイジ

(緑)ヒーラー (準備中)

(紫)特殊 

 

サービス開始前ブログ⑩お勧めの別ゲーム”Slay the Spire”

こんにちはライです。

 

今回は”マイターン”ではありませんが、カードゲーム好きにお勧めなゲーム”Slay the Spire”を紹介します

このゲームはマイターンに通じる部分もあり、知らない人には是非知っていただきたい作品の一つです

 

ジャンル デッキ構築カードゲーム・ローグライク

1play 1時間程度

 

対応ゲーム機

PC(Steam)

PS4(DL)

ニンテンドースイッチ(DL)

価格は2600円ほど


 

〇デッキ構築型のカードゲームとは

ゲームスタート時は10枚程度の基本カードでスタートし、ゲームをしながらカードを増やし、デッキを強化していくという流れ

デッキは山札がなくなれば捨て札をシャッフルし再度山札を作り、何度もデッキを回転させ使います

 

テーブルゲームドミニオンが有名

以降、テーブルゲームでの派生は色々出ています

 

デッキ構築はTCGでパックをあけてすぐにデッキを組む、ブースタードラフトという楽しみ方が、デッキ構築型に考えが近いですね

 

ゲーム機のゲームはこの”Slay the Spire”が出て以来、派生ゲームがいくつか出てきています

 

ローグライク

1980年にあった”Rogue”のようなゲーム

日本だと、風来の試練のような不思議なダンジョンが当てはまります

・ダンジョンのランダム生成

・装備やアイテムをランダムで入手

といったのが主な特徴で、毎回違った状況になるため、何度でも遊べるというのが特徴

 

”Slay the Spire”はこの2つの要素を合体させたようなゲームです

敵とカードを使ってバトル→勝利時に報酬を獲得。この時にカード3枚から1枚入手が可能→デッキを強化しながら再度敵と戦う

といった流れです

 

バトル以外の要素

・ショップ

カードが7種類の中から購入可能

カードをゴールドを支払い削除

装備品を購入

 

・焚火

カードの強化

HP回復

 

・ランダムイベント

 

等があります

 

敵は通常の敵のほかに、中ボス・フロアボスがいて、フロアボスを倒すと次のフロアに進みます

3フロアのBOSSを倒すとクリアになります

*条件付きクリアなど、追加要素もあります

 

 

カードは防御を固めるディフェンスデッキ。手数で攻める連続攻撃デッキ。1発が大きい大技デッキなど、デッキの方向性は様々。

ただ、欲しいカードが必ず引けるわけでもないので、入手したカードと相談しながらデッキを構築していく感じです

 

カードゲームでデッキ作りが好きな方には是非やっていただきたいゲームです!

 

マイターンはデッキ構築・ローグライクを対人用にカスタマイズしたゲームなイメージ

マナの管理方法や、ドローと手札の関係、デバフやシールドの計算などはこれに近いなと感じています

 

興味ある人は是非!

 

 

**

追加でもう1作

個人製作でのデッキ構築型のゲーム

第1作は2015にはあったのかな?

”Slay the Spire”より歴史は古いゲームです

2021年の今なら”Slay the Spire”をお勧めですが、その前からこんなゲームもあったんだよー!と紹介しておきたい!

ちなみにリンクは3作目


 

 

サービス開始前ブログ⑨今と昔のカードゲーム

ちょっと間が空いてますが、マッタリ書いていきます

 

今回は昔と今のカードゲームの違いについて

 

私がはカードゲームをデッキを組んで戦ったのは1999年から、当時の代表作は

MTG 6版 

遊戯王 1弾

ガンダムウォー 3弾

ポケカ neo

 

最初は先輩からMTGに誘われて初めました

その後はガンダムにはまり、ガンダムウォーで大会初参加しました

 

今までやった有名どころ

 

TCG

ガンダムウォー

FETCG

遊戯王

リセ

ポケカ

デュエマ・ヴァンガード・カオス

 

アーケード

三国志大戦1~3

 

オンライン

アルテイル・DG・シュミッドディーバ・モンスタードラゴン

 

一人用

Slay the Spire

 

アプリ

ハースストーン・シャドウバース・ドラクエライバルズ

コードオブジョーカー・百鬼異聞禄・ロストアーカイブ

 

構築型

ドミニオン・サンダーストーン

 

有名どころでこんな感じ

オンラインカードゲームはマイナーな奴もだいぶやってました

 

 

こう書いてみると、最初のカードゲームをやってから20年も経つのか、、、といろいろ思うところがあります

20年前と今の違いは、カードゲームの質よりも、情報量の違いが大きいと感じます

当時は携帯すらもっておらず、ネットもたいしてなかったため、情報源はカードショップと雑誌から。カードを全種類把握することもできず手探りでデッキを作っていました

 

今は良くも悪くも、ネットが普及し、カードを調べるのが簡単。大会等でよく使われるカードやデッキが簡単に調べられるようになってきました

 

特にスマホが普及し、スマホアプリのハースストーンあたりからは情報量が多いなと感じています

 

10年ほど前まではカードゲームでも上位を目指し頑張ってましたが、情報が増え、ネットでデッキレシピが簡単に見れるようになったあたりから

”自分が強い”のか”デッキが強い”のかという疑問を持ちはじめ、熱意がだんだん落ちてしまいました

 

 そのころに5vs5でプレイヤーの実力が問われるリーグオブレジェンド(当時シーズン1)を知り、競技性を求めてそちらに移行しました

 

 それでも、カードゲームというジャンルは好きなので、アプリやPCゲームなどでちょいちょい楽しんでます

デッキを組むのはやっぱり楽しい!

周りが使わないカードをうまく使って勝ちたいという傾向があるので、ランクはそこそこで使いたいカードを使うエンジョイ勢になってます

 

マイナーカードを使うメリットがあればやる気出るのになぁとよく思うのですが、

マイターン”ではマイナーカードを使うメリットがありそうですね!

いかに強いデッキを使うかではなく、マイナーカードをうまく使いまわせるかが、”マイターン”では必要そう

 

公式の告知は1月から無いですが、気長に待ってます!

 

 

長文となってしまいましたが、ここまで読んでくださった方、ありがとうございます

 

 

サービス開始前ブログ⑧ここに注目!EXスキル

こんにちは、ライです

正式が今冬から2021年に変わってるようなので、正式はもう少し後かなと思いつつ、マッタリやっていきます

 

今回はシステムの紹介です

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210227145716p:plain

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210227145711p:plain

 

EXスキルはHPの下にあるEXゲージをMAXの100まで溜めると使用できます

EX技はゲージMAX時にキャラクターをクリックして使用します

そのため、デッキのカードとは別でスキルを使用できます

EX技はキャラごとに決まっています

効果はスキル1枚に比べ強力なものが多いです(4~5コスト相当)

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210203183041j:plain

 

EXゲージはEPを得ることで溜めれます

溜める方法は下記の通り

 

①”攻撃”カードを使う

20EP得られます。全キャラ2枚ずつデッキに入ります

 

②自ターン終了時に10EP得ます

 

③スキルの効果で取得する

キャシーなら”狙撃”で30EP得られます

また、EX使用後にも30EP得られます

 

④装備や消耗アイテムで取得する

 

⑤ダメージを受けることでEPが上昇する

 

後衛でダメージを受けずEP取得スキル等がない場合は

5ターン目でEPが80溜まる計算です

(ターン経過10EP×4と、5ターン目だとほぼすべてのカードが引けるので攻撃を2回使えるEP20×2)

 

敵味方、共に強力な効果なため、EXスキルが使える4~6T目あたりが勝負のポイントとなります

 

敵にEX技を使われる前に撃破を目指した速攻

EXを使われるタイミングでデバフによる妨害”スタン”(行動不可)や”脱力”(与ダメージ半減)

同タイミングでタフ(被ダメージ半減)やシールドによる防御固め

 

等々の駆け引きが面白いです

 

これはデッキ構築の段階でも悩みますし、対戦最中でも悩めるということで非常に奥が深そうです

 

 

慣れてくると、相手の構成を見てEPゲージがどのように上がっていくか等見当がついてきます

キャシーが相手だと狙撃でEP30 攻撃でEP40あがるので4T目に打つことは可能

→4T目までに狙撃や攻撃を全て引けてなかったら5T目のドローはキャシーの攻撃カードが手札に入りそう

→→このタイミングでキャシーを妨害すればEXと攻撃スキル共に妨害できる

 

等々

 

駆け引きの詳細は正式始まるくらいに詳しく書く予定です!

サービス開始前ブログ⑦デッキは2回転するもの⁉

こんばんはライです

 

今回はデッキ枚数やドローについて

カードゲームはオンラインから紙のゲームまで色々ありますが、

デッキは30枚~60枚程度

最初に5~7枚引いて、ターン開始時に1枚引くというのがスタンダート

カードを引くという効果で追加ドローしても最終的にデッキの半分くらいしか引かず、1回の対戦で引けずに使えないというケースもよくあると思います。

 

マイターン

デッキ26枚

初手5枚

1ターンのドロー枚数5枚

 

とデッキは少なくドローが凄く多いです。

5ターンで山札全部引き切ります

山札がなくなるともう一度山札が作られ2周目が始まるという形式

 

そう、カードは5ターンでほぼすべて引くことができ、2周目でまた引くということがあるというのがこのゲームの特徴

ゆえに、5ターン以内にキャラがやられない限り、コンボなどは揃ってしまうのです。

 

ちなみにデッキ26枚のうち

2枚の消耗アイテムは使い切りのため、2周目に山札に戻りません

4枚の装備アイテムも1個限りのため、山札に戻りません

2周目は20枚で山札が組まれることになります。

 

また、キャラがやられると、山札からキャラのスキルカードが消滅します

2キャラだと山札10枚

1キャラだと山札5枚

 

後半になればなるほど、山札は圧縮されるという仕組み

タイトルで2回転と書きましたが、実際は3回転とかとかもあります 

 

圧縮されると引けるカードは予想が立つので、次のドローを予測したプレイングが大事にってきます

 

このシステムは触ってみないと分かりにくい部分でもありますが、このゲームのキーポイントでもあります。

デッキ編成から対戦中のプレイングまで影響する要素なので注目しています^^

 

 

更新案内

デッキ考察【シャーマン】セーラ軸”前列狙いデッキ”

デッキ第2段作りました

どんな感じでにデッキを作るのかの参考になればよいなと

 

 

 

 

 

デッキ考察【シャーマン】セーラ軸”前列狙いデッキ”


デッキ投稿第2段

 

メインの攻撃方法が限定条件付きで強力な時、どのような構築を考えるかを解説します

 

〇今回の主軸は【シャーマン】セーラです

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210210194336j:plain

〇2つの前列狙いスキルが強力

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210217183550p:plainf:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210217183553p:plain

対象が最も前の敵に限定されますが、代わりにダメージが大きいです

 f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210217183557p:plain

 また、自身のEPを大きく加速できるため、EX技を早く打てるのも特徴です

 

 

〇ベストパートナーは【ウォーロード】タタンカ 

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210210202657j:plainf:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210217193843p:plain

EX技がセーラと同系統の最も前の敵狙いです

 f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210217193855p:plain

〇最も注目すべきはこのスキル②目標決定

相手に挑発を付けるスキルです

挑発がついている敵は攻撃対象を自身にに変更するもので、最も前の敵への攻撃も挑発持ちのキャラが対象になります

そのため、目標決定で倒したい敵を指定し、セーラの高威力攻撃で撃破するというコンセプトです

今のところ、”最も前の敵”を攻撃するスキルで対象を変更できるのは目標決定だけなので、ほぼ固定枠になります

 

 

残りの2人をどうするかが悩みどころ

プレイヤーの好みでいろんな編成を考えてみるとよいと思います

タンク=タタンカ

メイジ=セーラ

のため、残りは”アタッカー””ヒーラー””特殊”の中から2人を選択することになります

 

〇相手のバフを解除するキャラを入れる

目標決定で1人は狙い撃ちできるものの、基本は前から順番に倒していくことになるため、敵のタンクをいかに倒すかがポイントになります。

通常、タンクはシールドやタフ、ブロックなどの防御バフで守りを固めることが多いため、バフを除去することで”最も前の敵”を攻略しやすくなります。 

バフ解除はキャラはこちら

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210207162556j:plainf:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210210201703j:plainf:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210210200941j:plainf:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210210200926j:plain

【聖銃使い】イザベル 

【牧師】ポニー

【黒魔導士】デリック 

【ブレイカー】ジェイムズ

 

〇前列狙いを増やす

”目標決定”→”最も前の敵”狙いは確かに強力ですが、セーラのスキルやEX技だけだと手数が足りないこともあります。同系統のスキル持ちを入れ手数を増やすのもありです。

タタンカのスキルで溜めを付与できるため、通常攻撃のサブシナジーも使えます

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210207162549j:plainf:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210207162559j:plain

【狂戦士】エベレット 

【武士】武蔵 

 

〇ほかにもいろいろ選択肢があります

残り2キャラで対象指定スキルを入れて弱点をフォローしたり、防御サポートや妨害サポートを入れたり、回復を入れたり等々

 


〇デッキサンプル

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210210202657j:plainf:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210210201700j:plainf:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210207162556j:plainf:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210210194336j:plain

【聖銃使い】イザベル 【錬金術師】フローラ を採用しました

イザベルは上記にあるようにバフ解除としての役割と、このデッキならイザベルのランダム攻撃をうまくいかせると考えました。

序盤にランダム攻撃をした場合は、命中した敵を挑発の攻撃対象に定めることで、ダメージ分散を防げます

ランダムは敵の数が減れば減るだけ、狙った敵に当たる確率が上がります。4人いたら1/4ですが2人なら1/2

デッキの特徴上、バランスよく敵にダメージを与えるのではなく、1点集中で与えるため、敵の数は減りやすいです

フローラはスキルの効果を選択できるので、動きの幅が少しでも増やせるようにと採用しました(他には白魔導士や看護婦長あたりも候補でした)

 

 

正式前のデッキ考察なので、正式後変更追記予定です!

セーラ&タタンカはセットで組むことが多そうです。

デッキ作成のイメージ作りになればよいなと

 

 


liriver.hatenablog.com

サービス開始前ブログ⑥”事前登録キャンペーン30万人達成!”

こんばんは。ライです。

 

まずは、公式様

 

事前キャンペーン30万人突破おめでとうございます!

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210213211243p:plain

 

私も登録しております

まだこれから、、、という人はこちらからどうぞ

マイターン公式HP

万象のカギはパックを1つ空けれます

 

 

スマホゲームが普及してから、新作ゲームの数が多すぎて面白いゲームも埋もれてしまうことが多々あり、運営様の苦労を感じます

 

私は、1月のテスト版を偶然発見し、プレイしたところ、このゲームに魅力にはまってしまった。

 

過去にはハースストーン、シャドウバース、ドラクエライバルズ等のアプリをはじめ色々なカードゲームをやってきましたが、”マイターン”は非常に面白そうだ!と期待をしております

 

サービス開始前ブログ⑤ここに期待!カードの★ポイント 

で詳しく書きましたが。カードゲームで「テンプレ化防止」「マイナーカードの活躍」が期待できることがポイントです

あと、カードゲームは課金=資産になるため、初心者に辛いことも多いですが、マイターンでは初心者でも十分に楽しめる工夫がされていると思います

 

まだ正式前のため予想での紹介ですが、その辺りはリリース後にきっちり見ていきたいなと思っています

 

 

〇更新のお知らせ

キャラ情報を更新しました

(紫)特殊 

テスト版時のお勧め度を掲載 

 

 

攻略サイトの案内

マイターン攻略WIKI

編集など お手伝いしてます!

情報などはこちらのほうが見やすいので、調べ物はこちらのサイトを是非活用ください

 

サービス開始前ブログ⑤ここに期待!カードの★ポイント

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210211194346j:plain 

こんばんは、最近情報ページ作成とかがメインだったので、久々の「マイターン」の良いとこ紹介!

今回は「カードの★ポイント」についてです

 

今回はゲームのプレイ方法やランキング等も関係してくるのでまずはそちらから説明します

 

プレイ方法は大きく3つ

 

〇レギュラー
”レギュラーは、事前に構築されたデッキを使用してバトルに参加するモードです。”

このレギュラーの仕様が非常に魅力的!詳細は後程

 

〇グランプリ

”グランプリとは、事前に構築されたデッキでバトルを繰り返し、プレイヤーの実力に応じて段位が定められるモードです。”

他のゲームでもよくあるレーティングや段位戦的なもの

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210211193422j:plain

従来のゲームならこのモードで勝率や勝ち数でプレイヤーランキングが決まります

 

〇アリーナ

マイターンのオリジナルルールです

詳細は公式をどうぞ(まだ正式前なので今後変わるかもですが)

公式のプレイ方法ページへのリンク

 

*他には特殊なステータスのCPU戦など、企画はあるようです

 

 

さてさて、ここで”レギュラー”について解説

このモードがあるからこそ”マイターン”に期待を寄せています

公式での説明は

〇レギュラー

”レギュラーモードはデッキの合計★数に基づいてマッチングします。バトルに勝利する度に使用した各カードは★を獲得できます。また、バトルに敗北した場合、各カードは元の★数に応じて★を失われます”

 

このモードで★が使われます。★とは各プレイヤーの各カード毎に手に入れることができます。★が少ないうちは負けてもあまり減らないため、一定数まではドンドン溜めれます

f:id:uDRwRBnjtARHbKG:20210211194346j:plain

ある程度★が溜まると、勝てば増えますが、負けると減るため、勝率が関わってきます。

また、デッキ10枚のカードの★の総数でマッチングするため、初心者(★が少ない人)と上級者(★が多い人)はマッチングしにくくなっています

 

そして、この★の数でランキングがあるのですが

①カード毎に個別ランキングがある

人気カードは使いやすく、強いことも多いが、使っているユーザーも多いため、ランキングもハイレベル(上位陣の★が多い)になる

逆に不遇カードは使用者が少なかったり、勝ちにくいため、ランキングのボーダーも下がる(上位陣の★が低い)

単純に勝てる強いデッキ作りだけではなく、不遇カードをうまく使い、カード個別ランキングを狙ってみるのも楽しみの一つです

 

②全カードの★の総数ランキングがある

これは上級者向きのランキングですが、全カードの総数ということは、強いデッキを使い続けるだけでなく、不遇カードを含めすべてのカードを使い★を上げる必要がある

 

アタッカーの紹介ページでカードのお勧め度を書きましたが、総数ランキングを目指すなら、お勧め度①の【狂戦士】エベレットも活用方法を見出し、使いこなす必要があります

 

 

このように、★があることで、デッキのテンプレ化が緩和されワンパターンになりにくいところに非常に期待しています